子供たちの英語教育について

日本の英語教育は実践的ではないと言うことで国内外から否定され続けてきましたが私は今の子供たちはそんな事はないと思います。例えば次女の場合小学校は公立ですが海外の方とのコミニケーションも非常に多かったように思います。また私立中学に上がってからは英語のコミニケーションの授業が毎週わりりあてられていて、英語検定も中学1年生の段階で特別な勉強することなく3級を合格することができました。もちろんリーディングの点数よりもヒアリングの点数が合格に寄与している事は言うまでもありません。

何よりも大事なのはネイティブの先生達とコミニケーションを取りながら英語を覚えるのではなく、なれることだと私は感じています。実際に私も大学受験までは英語は単に覚えるだけでしたが社会人になって無理矢理海外の方々とコミニケーションをとるようになってようやく実践的な英語が使えるようになりました。子供たちも同じように体験しながら英語を身に付けることが大事だと思います。

アメリカに日本を知らない人がいる!?